正しく知ろう、決済代行サービス

決済代行サービスは大手の方が安心?

決済にはどんな種類があるの?

そもそも決済代行サービスとは何なのか、それについてよく知らないという方も多いのではないのでしょうか。
決済代行サービスとは、ネットショップやネット通販などにおける代金の各種支払い手段の個別契約を、包括的に事業主に代わって代行するサービスのことを指します。
本来であれば代金の各種支払い手段の契約は事業主が個別で契約しなければならないものです。
しかしその各種決済の契約の種類も膨大で、その分契約にかかる時間も半端なものではありません。
加えて、決済されたお金の入金時期もそれぞれの契約によって異なります。そのため、契約を無事に終えた後の事務管理にも人材、時間がかかります。
ある程度の人材を保有する企業や団体なら契約後の事務管理を各々で行うこともできるでしょう。
多くの場合はそのような人材を保有していません。ましてや個人事業主ともなると人材募集にかけているコストを捻出するだけでも骨の折れる話です。
そのような問題を一気に解決してくれるのが決済代行サービスです。決済代行サービスは前述のとおり決済にかかわる個別の契約を行うだけでなく、その後の事務管理に至るまでを包括的に代行します。
人材確保、事務管理にかかるコストと決済代行サービスを利用するコストを天秤にかければ、決済代行サービスを利用する方がはるかに安いコストで済ますことができます。
どうしても自分自身で管理したいというこだわりでもない限りは、決済代行サービスを利用するほうが賢明といえます。