正しく知ろう、決済代行サービス

決済代行サービスは大手の方が安心?

>

代行業者に違いはあるのか。

サービス料金と対応する決済方法の量

サービスの料金と決済方法の量に比例の関係がありそうなのは何となく想像がつくでしょう。
大手の業者以外にも安いサービス料金で少ない決済方法に対応する業者があったり、高いサービス料金で豊富な決済方法に対応する業者があったりこの限りではありません。
しかし、すべての人が一律にたくさんの決済方法を求めているというわけではありません。
求めている決済方法の量が少ないのであれば、わざわざ必要のない決済方法を加えてまで高い料金を払い続ける必要はありません。
逆に、求めている決済方法はかなり多くの量があるのに対して、支払う料金を少なくしたいというのであれば、ある程度の決済方法の削減やコストを多少あげてでも決済方法を増やすなどといった工夫も必要になります。

その他の特色

前の項では、サービス料金と決済方法の量についての説明をしました。
決済代行サービス業者が他の業者との差別化を図るための方法は決済方法の量を増やすことだけではありません。
例えば、業者が包括的に決済契約を代行してくれたとしても、その時点ではサービス依頼者自身は契約の内容を理解できているとは限りません。
契約の内容があまり理解できていない状態であるがサービス業者が契約の内容について何の説明もしてくれないのとしてくれるのでは大きな差があることは容易に想像つきます。
このようにサービス依頼者のアフターケアを実施してくれることを売りにする業者がターゲットにする客層はあまり決済方法に詳しくない利用者です。
それぞれの業者の特色をうまく利用していくことが大事です。


このTOPICSをシェアする